MENU

 

↓↓実感できるアントシアニンサプリ↓↓

めなりサプリ

 

話題の「めなり」サプリ、実際飲んでみた実感はどうなの?

 


目にいい栄養素の配合量が業界トップクラスと言われている、高品質なアントシアニン・ルテインサプリ「めなり」が今人気です。
私はパソコン入力の仕事をしているので、とにかく目が疲れるんです。
それに通勤の合間にはスマホでゲームをしたりするので、とにかく最近目がかすんだり、充血したり、ショボショボしたりというのが気になっていました。
でも、テレビCMでやっているビルベリーやアントシアニンサプリありますよね。。。
実際どれを勝ったら良いかよくわからないし、「実際そんなもので、目の不快感がなくなるのかねーー。」と信頼性もわからなかったから戸惑っていました。
そもそも、なんでブルーベリーとかビルベリーが目にいいのかも良くわかっていませんでしたしね。
そんな私が「めなり」をまず選んだ理由が、
日本一と思えるアイケアサプリを作った」と堂々と言っているところでした。
最初は
「えーー!なにそれ!誇大広告!?」と思ったのですが(スミマセン汗)、、、

 

でも成分からじっくり調べていくうちに、確かに「必要な量と種類をしっかりと配合していて、この価格なら日本一狙ってるかもね」というのが納得いってきました。
この「めなり」サプリを発売したのは、2015年、「きなり」というDHAサプリが業界で話題になった「さくらの森」という会社です。
このきなりも、「日本一のDHAサプリを目指してつくった」といわれるだけあって、かなり効果実感があるサプリメントです。
そんな「きなり」購入者に向けて作ったアイケアサプリということなので、他のアイケアサプリと比較して、実際に飲んで見ることにしました。

 

 

初回購入1ヶ月分907円  「めなり」 公式サイトはこちら<<

 

めなりと他の売れ筋アントシアニンサプリの比較表

まずは成分の比較表を作ってみました。
人気のブルーベリーサプリメントを載せてあります。
いま、とにかくCMですごい宣伝中のファンケルの「えんきん」の成分構成もきになったので調べてみました。

 

 

配合成分

ビルベリー

ルテイン・ゼアキサンチン

その他の目に良い成分

めなり(初回907円税抜き2980円) 170mg ルテイン12mg・ゼアキサンチン2.4mg クロセチン他
えがおのブルーベリー(税込1728円) 160mg※吸収型 ?    ※ルテインサプリは別で販売 ヒスチジン・リジンなど
やわたのブルーベリー(税込2160円) 200mg ルテイン0.53mg βカロテン・カシスエキスなど
ファンケルのえんきん(税込2160円) 20mg ルテイン10mg アスタキサンチン他
ブルーベリーアイデラックス(税込1880円)

ビルベリー100mg
ナノビルベリー60mg

ルテインは含まれているが量は不明
※ルテインサプリは別で販売

アサイーなど
健康家族 ブルーベリー(税込1490円) ビルベリー100mg ルテイン0.695mg   アマニ油など

※いつでも解約できる(定期のしばりのない)ものについては価格をそのまま載せています。
※送料は加味していません。

 

めなりは効果実感サプリ

ビルベリーの配合量だけを見ると、やわたのブルーベリーが200mgと多いですね。
そして、今話題の、ファンケルの「えんきん」を見てみると、意外にも「えんきん」のビルベリ-の配合量はかなり少なく、20mgです。
その代わり、「えんきん」は、ルテイン量が10mgとなっています。
「えんきん」が、ビルベリーサプリではなく、「ルテイン」に特化したサプリということがわかりますね。

 

今最も話題になっているスマホやタブレットによるブルーライト(青色光)の影響を軽減させると言われているのは、、ルテインです。
えんきんは10mgと多いですが、それでも、実は「めなり」の12mgには叶いません。
さらに、大事なゼアキサンチン
は配合されていないです。

 

目のピント調節機能を高めてかすみ目や、疲れ目に速効性があるのは、ビルベリーエキスですから、どちらもしっかり採れるのは、「めなり」と言えそうです。
ですので、「めなり」は多少コストが高くても、パソコンなどを使うデスクワークが多い人目が疲れやすい人ゲームなどを良くする人にはおすすめです。
やはり、目の疲れを回復させるアントシアニンとブルーライトから目を守る成分が同時に配合されているビルベリーサプリは他にはありませんからね。

 

 

>>目にいい成分が配合量たっぷり含まれているサプリ めなり 公式サイトはこちら<<

 

 

めなり 実際に飲んでみた感想

とは言っても、実際に飲んでみて実感がなかったらいくら目に良い成分が日本一たくさん含まれていると言っても、続ける気にはなれませんよね。
そこで実際に飲んでみた口コミをしてみたいと思います。

アントシアニンという成分は、「眼精疲労に即効性がある」といわれています。ですのでデスクワークが多い私が飲めば、、効果実感を感じることはできると思いました。
3日ほど飲んでみたのですが・・・・・

 

パソコンの画面がすごくハッキリ見やすくなりました♪
実はわたしは10年ほど前に、レーシック手術をして近視を治したんです。
近視はすっかり治ったのですが、その後の副作用として、「光が眩しい」「夜になるとみえづらくなる」といった症状があり、特に
夜のパソコン画面が見づらくて疲れ目がひどかったんです。

 

それが、「めなり」を飲み始めてから画面がクッキリ見えるようになり、ものすごく楽になりました。
疲れ目が収まったので、かすみ目もましになりました!

 

眼精疲労がひどくなると、肩こりと頭痛がひどくなっていたのですが、今のところ全く肩こりも感じなくなりましたね。
特に違いを感じるのが、夕方や夜。
いつも夕方になると目がしょぼしょぼしてきて作業効率が下がるのですが、それがない。
あと、夜は特にスマホやタブレットの文字が小さくて見えないなーということが多かったのがそれもなくなりました!

 

どうやら、ビルベリーの効果の大きな特長は「即効性」というものらしいです。
ですので、めなりを飲むのは、朝とか、昼とか、仕事をする時間の前がいいということです。
ヨーロッパではビルベリーは医薬品とされているようですから、できるだけ効果を感じられる時間に飲むようにしたいですね。

 

ちょっと高いサプリメントですが、私はこの「めなり」を続けてみようと思います。

 

>>初回購入907円 めなり 公式サイトはこちら<<

 

 

スマホ老眼対策

 

「スマホ老眼」という言葉が流行っているのを私も最近になって耳にするようになりました。

 

言葉を聴くと、だいたい意味もわかりましたが、まさに、スマホのつかう頻度が高くなることで起こる、目の不快な症状、
もしくは、見えにくくなる症状ということですよね。

 

でも、はっきり言って、スマホを使う時間を減らすことって、もう不可能です。

 

それくらい、スマホは生活に欠かせないものになってますからね。

 

でも、目の健康も欠かせませんから、ここはやはりサプリメントで予防することが大事だと思います。

 

私は最近PC用の眼鏡を作りました。
若干見えにくいなっていうのが進んできたのですが、眼科に行って計測してみると、ごくごく弱い老眼でした!

 

すごく目を使っている職業の割には、進み方は弱い方ですね。」と言われました。

 

ホントに弱い老眼だったので、作った度も100均などでは売ってない度数でした。

 

これも「めなり」でアイケアしていたお陰かなーと思っています。

 

私の同い年の友達なんて、老眼の進みがひどくなってきたらしく、裸眼では値札の数字が全く読めないって嘆いてました。

 

めなりを薦めたのはいうまでもありません。

 

 

めなりに入っている ルテインとゼアキサンチンとクロセチンには
ブルーライトによって消耗する細胞を活性化する働きもあるそうですよ。

 

スマホ老眼対策にはぴったりですよね。

 

>>スマホ老眼対策にオススメ「めなり」 初回907円でお試しする<<

更新履歴